4_Abelow_Work.jpeg

March 22, 2022
Interviewed by Shohei Takasaki

Joshua Abelow

Name : Joshua Abelow 

What kind of artist : Visual Artist

Based in : Harris, New York

Age : 45

Pronouns : He/Him

Website/instagram/facebook/etc… : www.joshuaabelow.com

DYH : Thanks for participating in our small interview space. Let’s get right to it. We are big fans of yours and have followed your career for a while. Is it arguably correct to say “what am I, really?” is a consistent theme in your work? Meaningful words like “BLOG ME”, “FAMOUS ARTIST”, “OH! ABELOW”, “ART IS SO ABELOW”, etc show up in your work. Do you take a more simplified illustrative approach, or repeat graphic patterns for your backgrounds in order to clarify this message (or is it a question to the viewer?) How should we think about these things? 

 

JA : Words started appearing in my paintings back in 2007. This happened because I was in graduate school and we were constantly asked to talk about our work; to clarify our ideas and explain ourselves. Using words in the paintings happened naturally, a response to this academic environment.  At the time, I was interested in repeating words over and over. I was thinking about painting as an activity and how repeated action impacted the meaning of the words. The phrases mentioned above are from works I made in 2012 and 2013. When I made the “BLOG ME” painting I was thinking about the way a painting can function as a jpeg image as much as an object. I was running an art blog at the time and I made that painting with the specific intention of circulating the image on my blog.

 

 

 

2_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : Question about the size of your paintings. On one hand it feels like the pieces are not so large? Man-portable? Is there a reason for this? I think we read somewhere else that you always create a lot of pieces (correct us if we are wrong). Is this in order to avoid spending too much time on one piece? Are you already thinking about the next piece when you start working on something? 

 

JA : 12 x 9 inches is a canvas size I like to use. It’s a basic size that can be purchased at most art supply stores. I first got interested in making paintings around this size because it reminded me of a book. I like the idea that you can take a painting under your arm and go anywhere with it. You can take it on a plane or out to lunch or to the bar. Making big gigantic things is often about money or ego and that isn’t interesting to me. At one time making gigantic paintings may have been about other things, but not now. 

 

 

2_Abelow_Studio.jpeg

 

 

DYH : Simple question (but perhaps, we’ve never really heard a satisfactory answer). What is a professional artist? What is needed for an artist to be considered “professional”? 

 

JA : Someone to avoid. An extremely off-putting personality.

 

DYH : By the way, what is an “artist” really?(lol) What are your thoughts in regards to the social distance between an artist and the society we now live in?

 

JA :I n the early 2000s it was very important to me that I live in New York City, to be socially active, to meet new artists and go to openings, studios, etc. I don’t feel that way anymore. Now I prioritize being alone and fortunately I live in an area where there aren’t any artists or shows to see. In other words, when I was younger, being an artist was more of an external experience. Now it is more internal. I think maybe that’s just a part of aging or maturing. 

 

 

1_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : Do you have a routine in the studio? How often do you work? From what time to what time? If you are living with your partner or your family, can you please tell us how you make that work? I’m nosy, I know.

 

JA : Yes, I’m very routine oriented. I live and work in an old church that was built in 1916. Nobody has ever lived in this church before me - I had a well put in and all that. There’s a cemetery in the backyard. It’s a peaceful place to make art. I think it’s my favorite place to make art in the entire world, especially in the summer when I have all the windows open. Generally, I’m a morning and afternoon worker. I need natural light to see what I’m doing. Sometimes I like to make a drawing in the morning right when I wake up. Occasionally, I work in the evening, but mostly it’s the morning and afternoon.  I stopped working at night around 2006. I’m not currently living with a partner or family etc. 

 

3_Abelow_Studio.JPG

 

 

DYH : One of the fundamental reasons why we make art is to create a conversation through it. What do you think of this? If there is anything more important than that, please let us know. No really, please tell us.

 

JA : Yes, I think most of us are probably trying to communicate something with the artworks we make. I don’t think we need to know exactly what that something is. I think we discover it in the process of making and exhibiting and that’s part of the fun. I also think artworks have the ability to communicate information that the artist doesn’t intend. This can be positive or negative. But, when the intentions of an artist aren’t in sync with the communicated information there may be a problem.

 

DYH : You’re a published poet as well. Question. What are some things you can do in poetry that you cannot do in painting? Vice versa, what can you do in painting that you cannot do in poetry? We’d love to know your thoughts.

 

JA : When I was in my 20s and early 30s I kept journals and those journals turned into the books “Painter’s Journal” (2012) and “Good Morning” (2018). I think both books are pretty good, but the writing is better in the latter because I was more experienced as a writer and I took more liberties with language and I was just more mature in general. There’s some overlap with painting and writing, but overall I think they are different. I have a daily routine when it comes to visual art. Writing shows up now and then.

 

5_Abelow_Studio.jpeg

 

DYH : Question about your curatorial project “Freddy” currently happening in Harris. Are you still active in this? It’s far from the town and also there aren’t many mentions of it online so it’s hard to get a picture of what it’s about (laughs). Is this by design? What kind of artists are you curating? And how do your activities here affect your work as an artist?

 

JA : You can see documentation of all the Freddy shows by visiting: https://www.contemporaryartlibrary.org/venue/freddy-8251

I have six Freddy exhibitions planned for 2022. Cheryl Donegan’s exhibition opens May 14th followed by Steve Keister. Please check the website www.freddygallery.biz for more info in a few months.

 

DYH : If people were to talk about and critique your paintings or poetry, who or what kind of people would you be most comfortable doing so? Yes, the answer can be “myself”. 

 

JA : Someone who doesn’t know anything about painting or poetry would be great.

 

 

4_Abelow_Studio.jpeg

 

​​​​​​​

DYH : We all know that “feeling of satisfaction as an artist”. This all depends on the person and doesn’t happen often, but nothing really beats this satisfaction in our life(our opinion). It’s also addictive. Joshua, how often do you feel this satisfaction? 

 

JA : Pretty regularly.

 

DYH : We define Things and Places as Art. This is a very human thing to do and no other animal does it. Do you agree with this, or disagree?

 

JA : Anything can be Art if someone says it is.

 

DYH : How about this: do you ever get jealous of seeing a random drawing done by a child? Why or why not?

 

JA : I get inspired. Jealously, not so much.

 

 

3_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : A parade of inane questions we know we know sorry.. Have you ever had the following thought: what if you could time travel back to 100 years ago as who you are today, complete with the same experience you have now? In other words, you’d be able to be a trailblazer of all sorts of art movements. If you know what’s coming, you can just do it first.

 

JA : I think about the future more than I think about the past.

 

 DYH : Joshua, are you cool when you go to an artist friend’s (or a stranger’s) opening party? Do you enjoy parties?

 

JA : Not really. I’d rather be at the church.

DYH : Okay wait, maybe this is getting too serious… sorry, let’s take a moment. Please tell us about a good friend of yours? How old are they? Do they live in or around Harris? Or do they live in New York City? What kind of work do they do? Where do you guys hang out at? Don’t get us wrong. Not a stalker.

 

JA : I don’t have any friends in or around Harris. I have a buddy in LA named Keith. He wrote the press release for a show I have coming up in Omaha, Nebraska at a gallery called Baader-Meinhof. I think Keith is 36 years old. I met him when he was 18. We used to hang out in New York and smoke cigarettes. 

 

1_Abelow_Studio.jpeg

 

DYH : Please tell us about three things that really frustrated or straight up pissed you off recently. 

JA : What’s happening in Ukraine. 

DYH : Best recent background music? Do tell Mr. Joshua. 

 

JA : I like this website called https://kpiss.fm/

There’s a lot of good music shows on there.

 

DYH : Right this moment, if you open YouTube on your browser, what channel would pop up? Give us a gander, Mister Joshua. 

 

JA : I don’t know, but I recently rewatched “How to Draw a Bunny” on Vemio (for free!). Ray Johnson is simply the best.

 

Abelow_Selfie.JPG

 

DYH : How about this for a question? If you had stupid amounts of money, what would you use it on? Something other than “art-related” please. 

 

JA : I’d get a fancy car and move to a fancy neighborhood. Then I’d immediately miss the church and question who I am.

DYH : How was this interview? Sorry for the blah blah blah, hope it was fun for you. Any last words?

 

JA : This was a fun interview - thank you for asking me! 

 

 
1___4_Abelow_Work.jpeg

March 22, 2022

Interviewed by Shohei Takasaki

Joshua Abelow

名前:ジョシュア・アベロウ

種類:ヴィジュアル・アーティスト

活動拠点:ハリス ニューヨーク

年齢:45

性別:男性

ウェブサイト:https://joshuaabelow.com

DYH : 今回は僕らのこの小さいインタビュー・スペースに参加してくれてありがとう。早速だけど、質問を始めよう。僕らは君の作品のファンで、これまでもずっと見続けてきたけど、君の一貫したテーマは「一体自分自身は何者なんだ?」ということなのだろうか。さまざまなミーニングフルな言葉(BLOG ME / FAMOUS ARTIST / OH! ABELOW / ART IS SO ABELOW / etc, )が作品の中に登場する。これらのメッセージ(またはビューアーに対しての質問?)をよりクリアにするために、登場する人物は単純化されたイラストレイティブなアプローチだったり、背景はグラフィカルなパターンなどが繰り返し登場するのかしら?ここは僕らはどう考えればいいの?

JA : ペインティングの中に言葉が登場するようになったのは、2007年のことだね。大学院に通っていた時に、自分の作品について話すことや自分の考えを明確にすること、つまり自分自身を説明することを常に求められていた。そしてそんなアカデミックな環境に対する僕自身からのレスポンスとして、ペインティングに言葉を使うことが自然に起こったってとこかな。その頃は、言葉を何度も何度も繰り返し登場させることに興味があった。ペインティングをアクティビティとして捉え、言葉の繰り返しっていう行為が元々の意味に一体どんな影響を与えるかを考えていたんだよね。。。君が言っている上記のフレーズは、2012年~2013年に制作した作品。「BLOG ME」のペインティングを制作したときは、果たしてペインティングがオブジェクトとしてだけでなく、JPEGイメージとして機能出来るのかどうかってことを考えていた。当時、僕はアートブログを運営していて、このペインティングが一体どこまでそのブログ内で画像(JPEGイメージ)を流通させることが出来るかどうか、っていう具体的な意図を持って制作したんだよね。

2_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : 君のペインティングのサイズの話なのだけど、どうなんでしょう?どっちかというと、そこまで大きくないサイズが多いように見受けられる。自分で持って運べるくらいのサイズ感。ここに理由はあるのかな?他のインタビューでも聞いたけど、君はとにかく大量に作品を作っている(もし間違っていたらごめん)。もしかしたら、一つの作品に対して時間をかけ過ぎることを避けているのだろうか?新しい作品を描き始めた時には、もうすでに次の作品のことを考え始めているのだろうか?

JA : 僕が好きなキャンバスのサイズ12 x 9インチ。どこの画材屋でも購入できるベーシックなサイズだよね。元々興味を持ったきっかけは、このサイズは本を連想させるから。それと小脇に抱えて、どこにでも持っていけるというのがいいじゃん?飛行機にも乗れるし、ランチやバーにも持っていける。巨大なで~っかいペインティングを制作するのって、大抵はお金だったりエゴのためでしょ?それは僕にとって全然面白いことじゃあないよ。まあね、、、以前はこんな僕だって、これはまた違う理由のためにだけど、でっかい作品を作ることあったけども。今は全然違うね。

 

 

2_Abelow_Studio.jpeg

 

 

DYH : 単純な質問です(けれども、実は真っ当な答えを聞いたことが無いかもしれない)。一体、プロフェッショナル・アーティストとは何?一体何を持って人々は、ある特定のアーティストのことを「プロフェッショナル」と言うのだろう。

JA : 君らが関わるのを避けた方がいい人。極めて不快な性格の人。

DYH : 結局のところ、「アーティスト」って、何なんだろうね、一体 笑 アーティストと僕らが生きるこの社会の距離感ってどう考えてますか?

JA : 2000年代前半は、まずはニューヨークに住むこと、そして社交的になること、新しいアーティストたちに会うこと、オープニングやアーティストのスタジオに行くことなんかが、僕にとってとても重要なことだった。今はもうそんな気持ちはないけどもね。今は一人でいることを優先し、幸いにもこの辺にはアーティストも住んでないしアートショウも全然無い。つまり別の言葉で言うと、、、おそらく若い頃は、アーティストでいるってことは、どっちかというと外的な経験だったんだろう。今はもっと内面的なもの。それって、年齢を重ねること、あるいは成熟するってことの一部なんだろうね。

 

1_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : あなたのスタジオでのルーティーンはありますか?週にどのくらい、何時から何時まで制作しているのですか?もしあなたがパートナーやファミリーと一緒に生活しているとしたら、彼らとの折り合いはどうやってつけているのですか?ごめんなさいね、気になるのです。

JA : そう、僕はとてもルーティンワークが好きなんだ。僕は今、1916年に建てられた古い教会に住み仕事をしている。誰一人ここには以前住んだことは無いんだよ!井戸を設置したり、い~ろいろ自分で工夫したよ。裏庭には墓地がある。アートを作るにはとっても平和な場所だね。特に夏場は窓を全開にして過ごすと、世界中で一番最高な場所だよほんとに。基本的には僕は日中働く。何をするにも自然光が必要だからね。時には朝目が覚めたその場でドローイングを描くこともあるよ。たま~に夜も仕事をするけど、やっぱりほとんどは日中だね。だいたい2006年ごろから日が落ちてから仕事をするのはやめたよ。今現在は一人でこの教会に住んでる。

3_Abelow_Studio.JPG

 

 

DYH : 僕らがアートワークを創る根本的な理由の一つってのは、それらを通じて会話をクリエイトするってことだと思うけど、どう思う?もしくはそれ以上に大事なことがあれば是非教えて欲しい。どう思う?

JA : そうだね、おそらく僕らほとんどの人が、自分たちの作る作品で「何か」を伝えようとしてるってことは確かだよね。でもその「何か」が何なのか、僕らが明確に知る必要はないと思う。作って、発表していく過程でそれを発見していく、それが楽しいんだと思う。またアート作品には、僕ら作者が意図しない情報を伝える力もあったりする。それはポジティブだったり、時にはネガティブなものだったりするけども、でも、作家の意図とそれらの情報が一致しない場合は、ちょっと問題になっちゃう時はあるよね。

DYH : 君は詩人としての発表もしているけど、一つ聞いていいかな?詩で出来て、ペインティングで出来ないことは?そしてペインティングで出来て、詩で出来ないこととは?もしあれば教えてちょうだい。

JA : 20代から30代前半の頃は日記をつけていて、その日記が『ペインターズジャーナル』(2012年)と『グッドモーニング』(2018年)という本になったんだけども。どっちともこれがなかなかいい本なんだけど、文章的にいうと後者の方が出来がいいのかなって思う。より作家としての経験も豊富で、言葉の自由度も高いし、全体的に僕自身もより大人になったってことでね。絵を描くことと文章を書くことは、そりゃあ重なる部分もあるけども、やっぱり全体としては違うものだね。ビジュアルアートに関しては、毎日のルーティンがあるけど、言葉を書くってことについては、まあ時々だね。

 

5_Abelow_Studio.jpeg

 

 

DYH : Harrisにある、君が運営しているキュリトリアル・プロジェクト「Freddy」について。これは今でもアクティブに活動しているのかな?街からも少し遠いし、インターネット上でもなかなか検索に引っ掛からなくて、よく全貌が分からない。笑 これらは全て君の「敢えての」ディレクションなのかな?一体どんなアーティストをキュレイトしているの?そしてここでの活動は、君のアーティスト・ワークにどんな影響を与えているのだろう。

JA : フレディの過去のアーカイブも含めた全てのショウのドキュメントは、https://www.contemporaryartlibrary.org/venue/freddy-8251で見れるよ。

今年2022年に開催を予定してるショウは6つあるんだ。Cheryl Doneganの展覧会は5月14日に始まり、Steve Keisterがそれに続く。数ヶ月後にウェブサイトwww.freddygallery.bizで詳細をチェックしてよ。

DYH : 君のペインティングや詩について話したり、批評したりするとしたら、一体どんな人たちが一緒に居て一番リラックスできますか?自分自身ってのももちろんアリでございます。

JA : 絵や詩のことを知らない人だったら、最高だね。

 

4_Abelow_Studio.jpeg

 

 

DYH :「アーティストとしての満足感」って僕らみんな知ってますよね。これは人それぞれで、しょっちゅうあるものじゃ無いけど、でもこの満足感に勝るものはない、と思います。そしてとても中毒性が高い。ジョシュア、君はどのくらいの頻度でこの満足感を得てる?

JA : かなり定期的に。

DYH :「もの」や「こと」、これらを「アート」と定義づけることって、とても人間らしいこと、そして他の動物には出来ないことだと思うけど、それには賛成する?それとも反対する?

JA : 誰かがそうだと言えば、何でもArtだよ。

DYH : どうでしょう。時々小さい子供のランダムなドローイングなどを見て、嫉妬したりする?そしてそれはなぜ?

JA : 刺激は受ける。嫉妬?ないね、あんまり。

 

3_Abelow_Work.JPG

 

 

DYH : バカバカしい質問が続いて申し訳ない。こんなこと、考えたことありますか?もし、今と変わらずアーティストとして君の今の経験値を全て持ったままに80年ほど前にタイム・トリップできるとしたら。つまり、君は数々のアート・ムーブメントの先駆者になれるってこと。何が来るのかをあらかじめ知ってたら、先にそれをやっちゃえばいいんだものね。

JA : 僕は過去を考えるより、未来のことを考えることにするよ。

DYH : ジョシュア、君は自分の、もしくは友達や他人のアーティストのオープニング・パーティーで良い感じで振る舞える方だと思う?パーティーはやっぱり好き?

JA : そうでもないね。自分の教会にいる方がいい(笑)。

DYH : ちょっと待って、これ、もしかしたら僕ら、シリアスすぎるとこまで来ちゃったかな、、、オーケー。ちょっと一息つきたい。君の特に仲のいい友達のことについて教えて欲しい。彼らは大体何歳くらい?Harris近辺に住んでいる人たちなのか、それともニューヨークの方かな?彼らの日々の仕事は?一緒にハングするときはどこで会う?ごめんよ。ストーカーじゃないよ。

JA : まず、ハリスにも、そしてもちろん周辺にも一切友達はいないよ。でもLAにキースっていう仲の良い友達がいる。彼は、僕がネブラスカ州オマハのバーダー・マインホフっていうギャラリーで開催したショウのプレスリリースを書いてくれたんだよ。確かキースは36歳だったかな。彼が18歳の時に僕らは出会った。よくニューヨークでたむろして、一緒にタバコを吸ってたよ。

 

1_Abelow_Studio.jpeg

 

 

DYH : 最近身の回りで起こったことで本当にイライラしたことや腹が立ったこと、3つ教えてくれないかな?

JA : ウクライナで起きていること。

DYH : 最近のベストBGMを教えてくださいませ。ジョシュアさん。

JA : https://kpiss.fm/ っていうこのサイトが好き。いいライブをけっこうやってるよ。

DYH : 今この場で君のコンピューターでYoutubeトップを開いたら、一体どんなチャンネルが出てくる?ジョシュアさん。

JA : よくわからないけど、最近Vemioで「うさぎの描き方」を見なおした(無料!)。レイ・ジョンソンは単純に最高です。

 

Abelow_Selfie.JPG

DYH : こんなことも聞いていいかな?もし。もし途方もないお金を君が持っていて、何かに使うとしたら、それは一体何?もちろん「アートに関するもの」以外で考えてね。

JA : 高級車を手に入れて、高級住宅街に引っ越してみる。でもやっぱり速攻この教会が恋しくなって、自分が何者なのか自問自答ってことだよ。

DYH : このインタビューはどうでしたか?ダラダラと色々聞いてしまってごめんなさいね。そして何か最後に言っておきたい事があれば、何でもどうぞ。

JA : 楽しいインタビューだった!いろいろ聞いてくれてありがとう。