IMG_0750.jpg

June 15, 2021
Interviewed by Eri Takane

Daisuke Fukunaga

アーティスト名 : Daisuke Fukunaga

種類 : ペインター

​活動拠点:日本・東京

年齢 :39

性別 :男

​ウェブサイト /instagram/facebook/etc… : http://tomiokoyamagallery.com/artists/daisuke-fukunaga/

DYH:あなたは誰ですか?

DF:アーティスト

DYH:あなたは労働者の方々の様子を絵にしていますね。誤解を恐れず言うのであれば絵を購入する人との世界とギャップがあるように感じます。もっといえばあなたはあなたの作品を通してどんな主張をしているのですか?

DF:自分は自分がこの世界で生きているリアリティを作品にしています。

DYH:あなたのスタジオでの日課はありますか?週にどのくらい、何時から何時まで制作しているのですか?もしあなたがパートナーやファミリーと一緒に生活しているとしたら、彼らとの折り合いはどうやってつけているのですか?ごめんなさいね、気になるのです。

 

DF:特にルーティンは無いのですが、深夜の音楽と共にする制作は好きです。

IMG_0058.jpg

DYH:あなたが公共の場において、作品発表を行うときに、どのポイントを一番重視して組み立てるのでしょう?

DF:空間に作品を置いた時に作品同士が、共鳴しているかどうかを出来るだけ素直に客観的に判断しようと心掛けています。それは主に見た目の相性もあるけど作品同士のテーマの相性も重要としてます。あとは勘ですかね。

 

 

DYH:スタジオで、どうしようもなく落ち込むときに、あなたが心がけている解決法はありますか?あれば、それは一体何ですか?

DF:うまくいかない時や落ち込んで迷宮に彷徨うことはよくありますが、そうゆう時は勇気を持って絵をがらっと変える、もしくはそのまま突き進んで光明が見えてきたり、とにかくなんだかんだ作品に救われる事が多いです。ほんとちょっとしたことだったりします。

IMG_0859.JPG

DYH:ところで、親に「嘘をついたら絶対にダメだよ」と教えられてきましたか?「嘘」をつくことは、本当にいけないことなんでしょうか?

 

DF:親にそう言われた記憶は無いですが、嘘にはいろんな種類がありますね。

DYH:いつも自分に正直に生きることは、果たして、本当に大切なんでしょうかね?

DF:気持ちとしては正直さを大切にしますが、行動がそれに伴うかはまた別ということも度々あると思いますし、一致するよう心掛けたいです。

IMG_0385.JPG

 

DYH:あなたの不満を教えてください。

 DF:今はスタジオで音、音楽を思いっきり出せる状況に無いということです!これにはほんとにフラストレーションが溜まってます。

 

DYH:なんだかネガティブになってきちゃいました。アートの話に戻ります!
初対面で、こんな質問よくありますよね。「あなたは何をしているの?なるほど、アーティストですか。じゃあ、どんなアートなの?」立ち話程度の時に、あなたのいつもの答えはどういうものですか?アート・コミュニティの人たち、もしくはそうでない人たちなど、人によって答えを変えますか?つまり、あなたは自分をいつもどういう風に定義しているのでしょう。

 

DF:日本では一般的な状況では絵描きというのが一番伝わりやすいと思っています。若い時は自分ではアーティストだと思っていても人に伝えた時に上手くいかない時がよくありましたが、この歳で絵描きですと云うとわりかし納得されたりします。年齢を重ねるとこうした事が楽になったりします。

 

 

 

IMG_2050.JPG

 

DYH:「アートは全ての人に開かれたものであるべき」という、この態度について、どう思いますか?

DF:そうであると良いですが、多少傲慢に聞こえたりもしますね。

DYH:日本人として日本でアーティストとして活動することは、どんな影響を作品に与えるんでしょう?

DF:日本はアートの本場では無いということに尽きると思います。それ故ローカルな状況の中での創作活動であり、そう見られるということでもあると思います。ただ、だからこそ既存のアートの歴史とは違った突拍子の無いアイデアの作品が生まれる土壌が拡がってると思います。

 

DYH:日本人特有の、「マインドに自動的に刷り込まれた西洋文化への憧れ」については、どう思っていますか?そしてそれはクリエイションにどう影響するのでしょう。。。ちょっと待って。これって既に年寄りのアイディアでしょうか。最近の若い世代はそんな「憧れ」なんてものは既に無いのでしょうね。

DF:自分は1980年代生まれなので日本の社会自体が西洋文化を模倣して形作られてきた中で育ってきました。なので西洋文化の影響はガッツリ刷り込まれていると思います。だけどそれは自分のルーツでもあるのでネガティヴには捉えては無いです。

 

 

 

IMG_2226.JPG

DYH:ヴィジュアル・アーティストとして、言葉で作品を説明することに対してのジレンマはありますか?

DF:はい。言葉は複雑な物事を明解にしていくけれど、作品は解釈をより拡大していく装置の様なものなので、度々相反関係になったりします。

DYH:今、2020年を生きるコンテンポラリー・アーティストとして明確なゴールはありますか?そして、そもそも実は、ゴールなんてものはアーティスト(あなた)にとって、必要なのでしょうか?

DF:今自分の感じているリアリティを色濃く作品に反映させていくことだと思っています。そういった個人個人のリアリティが時代を形作ると思うのでその一端になれればと思っています

IMG_0965.JPG

DYH:失礼な質問でないことを祈ります。どうでしょう。あなたが死んだのちに、あなたの作品はどのように評価されるべきでしょうか?そもそも自分が死んだのちの評価なんてあなたは気にするのでしょうか?

DF:よく言われるアーティストは死んでから評価されるというのは以前は正直あまりリアルに感じれなかったのですが、この数年活動をしていく中でそうゆう現象を見てきたので面白いと思います。途方もないし素晴らしく豊かだなとも思います。時代によって同じ作品でも見えてくる側面が違って評価が変わってくるというのはとても面白いとおもいます!

DYH:例えばJerry Saltzは「Destroy your envy(自分の妬みをぶち壊せ)」なんて言っていますよね。そもそも、自分と他人とを比べることは、自身のクリエイションに深く関係していますか?

DF:僕も最近よく思います、妬みは人生において何も良い事が無いと。

 

 

IMG_0994.JPG

DYH:ここ何年かで体験した、強烈なインパクトを受けたアート/音楽/カルチャー/etcがあれば、教えて下さい。何でもいいですよ。

 

DF:ほんとここ最近知ったのですが横田進というテクノミュージシャン?をずっと聞いています。数年前に亡くなってしまったらしいのですがリリースしているアルバムの量も大量でアルバム毎に音楽性もテクノやレゲエ、ダブと様々で、しかし一貫して美意識というかリリシズムが感じられる。近しいところは聴いていたのになぜ今まで知らなかったのだろう。 

 

DYH:ところで、あなたが今までにやらかした、最もバカバカしいいたずらって何?

 

DF:20代の頃ある晩友達とスタジオでバカ話をしていて、適当な垂木の木片の先にトマトを刺してトマト君という彫刻を作って、それを少し山奥に住んでいる友達の家の前に何かしらのメッセージがあるような置き方をしたんです。後日その友達はまんまと木片に刺さったトマト彫刻の話をしてきました。大成功です。 

 

 

 

 

 

IMG_2252.JPG

DYH:だんだん違う方向に質問が移動していますが、あなたが今まで生きてきた人生の中で、ダントツに一番不味かった食べ物は何ですか?教えて下さい。差し支えなければそのストーリーも一緒に。

DF:はっきりとは覚えて無いですが以前どこかのファーストフードを食べた時限りなくプラスチックに近い味だったことがあり、あれには辟易しました。

DYH:もし、一箇所だけ自分の体を好きに、自由に変えれるとしたら、どこをどう変えますか?

DF:海の中でのクリアな世界を体験したいので視力の良い目に変えたいです。 

 

IMG_0745.JPG

DYH:このインタビューはどうでしたか?ダラダラと色々聞いてしまってごめんなさいね。そして何か最後に言っておきたい事があれば、何でもどうぞ!

DF:少しシリアスな質問からライトなものまで楽しかったです。ありがとうございました! 

 
IMG_0750.jpg

June 15, 2021
Interviewed by Eri Takane

Daisuke Fukunaga

Name : Daisuke Fukunaga

What kind of artist : Painter

Based in : Tokyo, Japan

Age (optional) :39

Pronouns (optional) :He/him/his

Website/instagram/facebook/etc… : http://tomiokoyamagallery.com/artists/daisuke-fukunaga/

DYH:Who are you?

DF:Artist. 

 

DYH:You paint a lot of scenes that depict the working class. No offense, but there seems to be a gap between the people who buy your paintings and the subjects you paint. To be blunt, what kind of statement are you making? 

 

DF:I just translate the reality I live in into my art. 

DYH:Do you have a routine in the studio? From what time to what time do you work? If you are living with your partner or family, how do you manage the balance between everyone’s schedules? Please excuse the prying. 

 

DF:I don’t necessarily have a routine, but I do love to work late at night with music. 

 

IMG_0058.jpg

DYH:What are some things you try to think about when you are making a presentation to the public? 

DF:I try to judge, as objectively as possible, whether or not the pieces resonate with each other. Of course there’s a visual aspect to it, but whether or not the works share a thematic chemistry with each other is also important. Ultimately, it’s also about instincts.

 

DYH:Do you have any silver bullet solutions for when you find yourself in an inescapable funk in the studio?

DF:I do end up in moments when I get lost and things are just not going my way. In those moments I muster up the courage to drastically change the direction of my approach to painting . Or simply just plow ahead and that helps me find the light. In any case, it could be something so trivial, but the work itself usually saves me. 

 

IMG_0859.JPG

DYH:By the way, did your parents teach you “lying is bad”? Is it really a bad thing to lie? What do you think? We are juuuuuuuuuust curious.

 

DF:I don’t think my parents ever said that to me, but there are a lot of different kinds of lies. 

 

DYH:Is it, after all is said and done, really that important to live truthfully with oneself? 

 

DF:Honesty is an important feeling to have, but sometimes actions may not match that feeling.  But I do try to make an effort to make it match. 

 

IMG_0385.JPG

 

DYH:Anything bugging you now?

DF:Right now, I’m unable to blast music or sound in my studio! OMG This is really frustrating. 

 

DYH:We’re getting a bit negative here. Let’s get back to art!

Stop me if you’ve heard this before. “What do you do? Oh I see, an artist. Well, what kind of art?” How do you respond to small talk like this? Do you change your answer depending on whether or not the person is from the art community? In other words, how do you define yourself? 

 

DF:In Japan, usually the term painter helps get the point across. When I was younger I remember it being a bit tougher to communicate the fact that I defined myself as an artist. But now at my age, people understand that I am a painter. Growing older makes things like this easier.

 

IMG_2050.JPG

 

DYH:“Art should be open to everyone”. Any thoughts on this mindset? 

DF:I hope it is, but it actually does sound a bit pompous or lazy to me. 

 

DYH:Being a Japanese artist working in Japan, how does that affect your work?

DF:Certainly Japan isn’t the best place for art. It just comes down to this. So the audience and creative work is mostly local, and that’s how things are perceived. But also, because of this the soil is fertile for oddballs, sometimes giving birth to ideas out of left field, totally unrelated to the prevailing history of art. 

 

DYH:What do you think of the uniquely Japanese longing towards Western culture? How does that affect creative work? But wait… is this already an outdated concept? Perhaps the younger generation don’t have any longings or aspirations?

DF:I was born in the 1980s so I grew up in an environment where everything in Japan was modeled after Western civilization. Western influence is deeply ingrained in me. But those are my roots so I consider it a good thing.

 

 

IMG_2226.JPG

DYH:As a visual artist, do you struggle at all in describing your works through words?

DF:Yes. Words help make complicated things clear, but the visuals of artworks are like a machine that helps expand the range of understanding. These things are sometimes contradictory.

 

DYH:As a contemporary artist living in the year 2020, do you have any clear goals? Furthermore, are goals even necessary for artists like yourself? 

DF:My goal is to translate the realities I live and feel and saturate my pieces with it. These kinds of individual realities, when combined, create an epoch, so I hope to be one piece of it. 

 

IMG_0965.JPG

DYH:Apologies if this is rude. After you die, how should your work be received? Do you care? 

DF:The conventional wisdom of an artist’s work only being valued posthumously never made sense to me for a long time, but in the past few years I’ve started to see that firsthand. It’s incalculably wonderful and rich. Also really interesting to see that even the same artworks have been understood differently depending on each passing era.

 

DYH:Jerry Saltz says “destroy your envy”. How does comparison with others factor into your creative work? 

DF:I think about this often these days. Envy does not bear anything good. 

 

IMG_0994.JPG

DYH:Is there any art/music/culture you experienced in the past few years that shocked you? Could be anything.

DF:Susumu Yokota, the techno musician(maybe?). I’ve been listening to him all the time recently. He passed away a few years ago but he’s released many many albums and his works span a wide variety of genres from techno to reggae to dub, etc. But there’s always this consistent aesthetic and lyricism throughout. I had been listening to similar things but never his works. Don’t know why I never knew him before. 

 

DYH:By the way, what’s the stupidest prank you’ve pulled? 

DF:One late night in my studio in my 20s, I was talking nonsense with my friend about how we should take a tomato and put it onto a stick of wood as a sculpture and name it Tomato-kun. We then went to a friend’s place deep in the mountains and placed Tomato-kun in front of his house as if it was some sort of a message. Days later, our friend just couldn’t wait to talk about a random tomato sculpture stick that just appeared at his house. Mission accomplished. 

 

IMG_2252.JPG

DYH:We’re moving into different territory with the questions, but what’s the most disgusting food you’ve ever eaten? Please do share.

 

DF:I don’t remember clearly, but I ate some fast food somewhere that tasted very much like plastic. That was sickening.

 

DYH:If you could change one part of your body, what would it be?

 

DF:I’d love to experience the world under the sea in clarity, so I’d go for good eyesight. 

 

IMG_0745.JPG

DYH:How was this interview? Sorry if it’s been a bore. Any last words? 

DF:You had some serious questions to some light ones. It was fun! Thank you so much.